人生の扉:竹内まりや

e0097559_20134636.jpg



e0097559_20142487.jpg




youtube聴きながら読むと泣けるかも??(笑)やはりこの唄だな・・・・2度目だけど次は絶対にない!!


「・・・籾山 省雄さま診療室2番お入りください・・・」
出来の悪いスピーカーからやる気のなさ気な声が響く。
小さく「ハイ」と返事をし中に入る・・・・・・
体が室内に半分入った時に河童のような顔のDrが口を開く
「モミヤマさん癌だよ癌!」
ヲイヲイ!椅子にも座らない内に癌の宣告かよ!
腹が立ったので右手をそいつの顔の前にかざし言葉を遮り
「さあ、座ったから最初から言ってくれ!いいか?」
と言ってやった(笑)

金魚売りは毎日、千匹金魚を売るが 売られる金魚は一匹一匹心がある!

あんたにとってはOne of Themであっても俺にとってはOnlyなんだぜ!

そんな事を患者がいわなければならない医療は「不幸」だ。
もちろん患者がだ。

まあいいや、あんたは”内科”で手術は”外科”だから・・・・
外科の主治医に期待だな。(これが大当たりイケ面の名医!)






って訳で俺の胃癌が発見された
腫瘍が胃から食道に侵行しているようでステージに係らず大手術だった。
腹をみぞおちから臍30cmと左肋骨の下部30cmにメスを入れる。
肋骨を外し、横隔膜を外し、食道と胃を小腸で置き換える。
脾臓を切除しリンパ腺を除去、元の場所に戻してミッション完了(笑)
(書いているだけで脱力しそう・・・)

11月4日手術は行なわれた、7時間半に及ぶ大手術だった。
ICUで一日過ごし(普通胃癌ぐらいじゃICUには入れないらしい)

それからの4日間は「痛みの嵐」で意識は混濁し激痛の中、視野は30度くらい・・・
それでも看護士やDrは初日からベッドに座れだの起立せよだの歩けだのだのだの・・・

術後13日過ぎた今日これを書いているのだが体に付いた4本のチューブは取れました。
歩行も30分くらいなら連続出来ます。
食事も量は少ないけど普通のオカズです。

人の持つ回復力と 西洋医学の進歩に驚くばかりです。










既にこの状況をご存知のBLOG仲間も多いけど、
鍵コメント欄のない方やexite以外のBLOGの方は初めて知ったと思うけどごめんね。
特に”worldちゃん”連絡の取り様がなかったです・・・・・

皆様 心配かけてゴメンネ!!

退院も18日に決定しました!
皆さんのコメントに助けられて勇気をふりしぼり痛みに耐えた夜もありました(大袈裟?)
本当にありがとうございました。

特に長い闘病生活中の”北のアニキ”(って年下なんだけど)
Mugnum Yodaさん!頑張れ~~~!


これから少しづつENTRYしますね、でも”仕事復帰”の方が先だな。
[PR]
by rikiji2002 | 2009-11-16 20:18
<< I Shall be Rele... Just the way yo... >>